【バイトル】iスカウト・iアプローチのメリットと成功事例


採用難易度が減少傾向にある今こそ、より効果的なiスカウト・iアプローチで採用コストも時間も削減しましょう!

【コロナ禍の業界動向】

バイトル業界特化レポートによると各職種の採用難易度は足元で1.80倍と前月比-0.16ptで感染症の影響で減少傾向にあります。有効求人倍率も求人数の減少により2020年3月に3.63倍だったころに比べて6月では1.55倍になりました。

例:飲食(ホール)業界の採用難易度

【iスカウト・iアプローチの有用性】

ユーザーの多さとその活発性

スマートフォンの普及が始まった紙媒体がメインだった時代の頃から、どこよりも早く求人サイトを提供していた「バイトル」・「バイトルNEXT」では、会員登録者数が3年間で2.9倍にまで達しました(※)。

(※)2018年3月時点、2015年同月比。

参考:https://www.baitoru.com/contents/info/20180723.html

またバイトルの強みとして、応募時にユーザーの大半が会員化することとリピート率も半数近くにあることです。

プロフィール情報より“検索・閲覧・応募”に「本当の希望」がある

ユーザーの仕事に求める条件(職種/エリア/雇用形態など)、行動データ(検索/閲覧/応募時期など)を蓄積し、企業はこれらのデータから自社に合うスカウトメール送信対象者を選定することができます。このことから、他ではできない企業と求職者の新たな出会いの機会を生み出し、定着率の高い採用を実現します。

バイトルiスカウト・iアプローチ 商品詳細へ

【iスカウト・iアプローチ 成功事例】

メディア詳細

このメディアの詳細は下記リンクから確認してください。

バイトル 商品詳細へ
バイトルNEXT 商品詳細へ

 

求人メディア問合せ